中国語の学習分野-聞く能力を伸ばす過程

中国語を”聞く”とはどういうことか?

中国語を正確に聞くことには、中国語が持っている独特の音の特徴を捉えて聞き分けてゆかなくてはなりません。そのためには当然ながら日本語と中国語の音は違うことを認識する必要があります。

近所の書店に行くと中国語テキストがたくさん売られていますが、発音記号のピンインを表示しつつも中国語を無理やりカタカナで表記しているものを頻繁に見かけます。

中国語初心者でも発音できるようにという気配りのつもりかもしれませんが、カタカナ発音ではいつまで経っても中国人に伝わる発音は覚えられませんし、中国語を正確に聞きとることも不可能です。

まずは正確な発音をすることから覚えましょう。親切なテキストは正確な発音の仕方の説明がありますので、繰り返し練習すれば完璧ではありませんがそれらしい発音を身に付けられます。

ネットで調べてみると発音を公開しているサイトもあるので、自分の発音と聞き比べると上達が早まります。

ある程度生活な発音を覚えた時点で、聞き取りの練習が始まります。まずは中国語テキストの付属CDで十分でしょう。目的は中国語の「音」そのものに慣れることなのでさほど聞き分けられなくても構いません。

ここでは基礎テキストの文法や会話表現を学びつつ、付属CDを聞いてゆきます。目的は中国語の音を聞き分けるようになるためもあるのですが、文法からは中国語独特の語順や簡単な慣用句を覚えてゆきます。

会話表現テキストからも(恐らく文法の内容も含まれている)定型句や表現を覚えてゆきます。

そうすると段々と一つ一つの音に慣れてゆき、簡単な会話が聞き取れるようになってゆきます。

ココら辺からは幾つかの方法がありますが、人によって選択肢が異なるでしょう。ある人は中国に留学に行くかもしれません。コレが聞き取り能力を高める最強の方法です。大学での授業や実際の生活からは生の中国人(方言たっぷり)の音声からリスニング力を飛躍的に高められます。

もちろん日本にいる中国人との会話からも多くを学べますが、実際は日本にいる中国人の中国語は語彙も少なく会話もゆっくりです。原因は本国よりも中国語を使ったり聞く機会が少ないからです。

別の方法は中国語会話教室に通うことです。管理人自身も以前は中国語初心者でしたし、中国語教室を調べ回ったので個人的には一応の結論に達しているのですが、発音の特訓を除いては、中国語教室はある程度話せるようになってからでも遅くない気がします。

なぜなら中国語の文法や基礎会話表現については独学でも学ぶことができるからです。金銭的に余裕があれば別ですが、中国語会話教室で聞く能力を伸ばすのは学習開始直後でなくてもよさそうです。

会話教室では主に話すことを学びますので、聞く能力を伸ばしたければリスニングCDでも十分ですので目的を考慮される場合は注意深くありましょう。

他にはリスニングCDを聞いて能力を向上させることができます。スピードラーニングが主要なリスニング教材ですが、何せ価格が高すぎて手が出せない方も多いと思います。

教材の内容を見ていると実際は前半の16巻までで十分な気がします。後半のトピックスは主に歴史や文化などに焦点をあてているので、敢えてリスニング教材CDから学ばなくても方法はいくらでもあるからです。

そしてリスニングCDを使う目的は会話を聴き取れるようななることを考えても、全く効果は無いわけではないですが、それでなくてはならない理由も無いことを銘記しておきましょう。

ここまでの過程をたどると大体中級程度のレベルになっていることでしょう。期間は年齢や能力によっても異なりますが、1~2年程度の学習が妥当なところと言えます。

職業的な意味で中国語を使う目的が無ければ、このレベルあたりで大抵の方は満足されると思います。後は中国語の映画やテレビ番組を見たり、実際に中国人とコニュニケーションを図ることで、聞く能力を楽しみながら維持してゆくようにいたしましょう。

このページの先頭へ