目標達成に役立つかどうか

<ゴールあってこそ努力できるもの>
 
学習において質の高い教材を選ぶことも重要ですが、それと同様大切なのは自分の目標に見合った学習方法を選ぶということです。
 
例えばビジネス会話を学びたい人が、旅行会話を学んでもさほど使う機会はないでしょうし、日常会話を学びたい人が、ビジネス会話を学んでも効果は上がらないと思います。

最初に自分の目標は何なのか、それを達成するにはどんなタイプの教材が相応しいのか考えましょう。
 
そうすれば学習に自分を積極的に関わらせることができるようになり、主体的に中国語を学ぶことができます。
 
それで、教材を購入する上で、前もって自分の目標を確かめておくことは重要です。期待通りの成果を得ることで満足感や喜びを得られるからです。
 
どんな目標があるのでしょうか?

旅行に役立てたい

海外旅行が充実したものになるかどうかは、その国の言語をどの程度話せるかどうかにかかっていると言っても過言ではありません。
 
主にスピーキングリスニングスキルが重要ですが、日常会話ではなく旅行会話に特化して学ぶのがベターです。なおかつ短期間で、ある程度の成果を得られる教材がおすすめです。

留学したい

管理人も経験がありますが、留学先で真面目に学べば一年程度で十分のスキルを身につけることができます。(中国で自分で家を探して契約したり、自分の力で中国全土へ飛行機や電車を使って旅行に行ける)
 
現地でリスニングやスピーキングはイヤでも上達しますので、日本での準備期間は短期間で十分な効果が得られるかどうかがポイントになります。学習の到達レベルは中国語検定4級で十分です。
 
[関連教材]DVD動画で分かる!中国語文法講座

中国語検定に合格したい

中国語検定4級・3級レベルであれば教材の力を借りない手はありません。検定合格のコツは何度も練習問題をこなすことですが、一般のテキストと組み合わせて活用すると効果が上がります。
 
[関連教材]分かる中国語4ヶ月入門コース

中国人と会話できるようになりたい

基礎的な会話表現と発音を重視して学べる教材をオススメします。中には特典として中国人の考え方や背景を教えてくれるものもありますので、コミュニケーションの助けになります。
 
中国語学習において会話というのは「慣れ」の部分が多いので、数稽古をこなせるものでなくてはなりません。その分、きちんと繰り返しさえできれば自分の身になるのも大きな特徴です。
 
[関連教材]ロゼッタストーン中国語

映画を字幕なしで見たい

聞き取ることが中心なりますので、文法は簡単なテキストで十分です。むしろリスニング力をいかに高めるかが大事なので、数多くの中国語を聞くことで目標を達成できます。
 
[関連教材]スピードラーニング中国語
 
▲ 教材の選び方メニューへ
 

このページの先頭へ